VMwareとUSB機器の参照でトラブル

by manamana 18. April 2013 16:00

USB機器を扱うことにおいて、VMware vSphere は Hyper-V より遥かに柔軟です。

ハイパーバイザーの vSphere 4.1 では USBパススルー機能でホストに接続されたUSB機器を使えるようになっていたし、
現在の vSphere 5 では vSphere Client を動作させているPC(=ローカルPC)に接続されたUSB機器が使えます。
もちろん、 エミュレーターである VMware Player は当たり前のようにUSB機器が使えます。

Hyper-V には直接USB機器を扱うパスが用意されていません。
RemoteFX USB 使って一部の USB機器を使える様になっていますが、これはリモートデスクトップ側の技術だと理解しています。
エミュレーターの Virtual PC (≒XP Mode)ではそれなりに使えるのですが…残念 

VMware の柔軟さに満足していたのですが、先日トラブルに遭遇したのでメモっておきます。
vSphere Client 5.1 と VMware Player 5.02 (現行の最新版)を両方インストールした環境で、
vSphere Client からはローカルPC上のUSB機器が参照できないというものです。

 
vSphere Client と VMware Player が同居する環境 → 参照不可
 

 
vSphere Client だけの環境 → 参照可

VMware で USB機器を制御しているのは VMware USB Arbitration Service というサービスです。

 


その実態である vmware-usbarbitrator64.exe を比較してみると、VMware Player の物が若干新しいことが判明しました。

 
VMware Player 5.02用
 

 
vSphere Client 5.1用 

トラブル機では新しいVMware USB Arbitration Serviceが動いていたので、それを古いバージョンで上書きした所、
vSphere Client から USB機器が参照できるようになりましたが、逆に VMware Player で参照不可に…
要するに互換性が無いのが原因でした。

そもそもこの2つを同居させることは少ないと思いますが、現状ではどちらかのUSB機器の参照を諦めるしかないようです。
次のアップデートで対応してくれると期待しています。

Tags:

Hyper-V

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  May 2020  >>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

View posts in large calendar

Month List

Twitter