MS Office 2010 Web Applications のシステム要件

by manamana 24. November 2009 19:27

Office 2010 β が良い感じなので、調子にのって Web 版の試そうとしたところ・・・

 

このようなエラーで拒否されました...orz

Web 版 Office はボリュームライセンスのユーザーには提供されます。
うまく運用すれば、経費の削減や仕事の効率化も狙えると思いますが…セットアップはちょっと面倒そうですね。
SharePoint は普及しつつあるとはいえ、管理者の手間が増えます。
SQL Server も、使ったことがない人には敷居の高い環境です。

Microsoft SharePoint Foundation 2010 というのが結構なシステム要件でして、 

コンポーネント最小要件

プロセッサ

64 ビット、デュアル プロセッサ、3 GHz

RAM

スタンドアロン インストールまたは評価インストールの場合は 4 GB

運用環境での単一または複数のサーバー ファーム インストールの場合は 8 GB

ハード ディスク

80 GB

その他

DVD ドライブ      

環境最小要件

ファーム内のデータベース サーバー

Microsoft SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) または Microsoft SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1)

スタンドアロン サーバー

  • 64 ビット版 Windows Server 2008 Standard SP2

  • Web サーバー (IIS) の役割

  • アプリケーション サーバーの役割

  • Microsoft .NET Framework Version 3.5 SP1

  • SQL Server 2008 Express SP1

  • Microsoft "Geneva" Framework

  • Microsoft Sync Framework Runtime Version 1.0 (x64)

  • Microsoft Filter Pack 2.0

  • Microsoft Chart Controls for the Microsoft .NET Framework 3.5

  • Windows PowerShell 2.0 CTP3

  • SQL Server 2008 Native Client

  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services ADOMD.NET

  • ADO.NET Data Services v1.5 CTP2

ファーム内のフロントエンド Web サーバーとアプリケーション サーバー

  • 64 ビット版 Windows Server 2008 Standard SP2

  • Web サーバー (IIS) の役割

  • アプリケーション サーバーの役割

  • Microsoft .NET Framework Version 3.5 SP1

  • Microsoft "Geneva" Framework

  • Microsoft Sync Framework Runtime Version 1.0 (x64)

  • Microsoft Filter Pack 2.0

  • Microsoft Chart Controls for the Microsoft .NET Framework 3.5

  • Windows PowerShell 2.0 CTP3

  • SQL Server 2008 Native Client

  • Microsoft SQL Server 2008 Analysis Services ADOMD.NET

  • ADO.NET Data Services v1.5 CTP2

クライアント コンピューター

  • Microsoft Silverlight 3.0

  • サポートされているブラウザー

Hyper-V 上で軽く動かすという目論見は崩れました。使うだけなら Windows Live で提供される環境の方が良さそうです。
まともに運要すためにはちょっと覚悟が必要かもしれません。 

 

Tags:

Server

new.aspx の恐怖

by manamana 1. July 2009 23:55

web サイト用に、new.aspx というファイルを用意しました・・・そしてはまりました。

new なんていうキーワードをファイル名にするのはダメダメです。気付よ・・・

Tags:

Development | Server

サーバーのバックアップ10

by manamana 25. June 2009 23:00

お恥ずかしながら、この2週間ほどバックアップがされていないことに気づきました。
イベントビューアのアプリケーションには記録されていたのですが、システムしか見ていなかったのが敗因です。
信頼性モニターにも記録されないので、要注意です。

ソース:VSS
イベントID:40961
ASR エラー: ASR バックアップに関する重要な情報を収集できませんでした。
理由: デバイス 0 に関するディスク情報を取得できません (Win32 エラー コード 0x5aa)

原因としては、6/10に行った Windows Update の 「記憶域ミニポート ドライバ」 が怪しい感じです。
直後のバックアップから、シャドウコピー作成段階で上記のエラーが出ていました。

追記:
ミニポートドライバはバックアップ毎にインストールされますが、なぜか二度記録されていました。
Windows Update の影響で、おかしな挙動をしていた感じです。

再起動したところ、バックアップ機能は復活しました。
ドライバーの更新にもかかわらず、再起動要求がなかったのが原因なのかも?

困った時は再起動ですね

Tags:

Server

犯人捜し

by manamana 14. June 2009 20:36

メモリー交換後サーバーは安定し、不意のブルースクリーンはなくなりました。
しかし、開発用PCは不安定となり、メモリーの交換を余儀なくされています。

メモリー交換の前に、今回の犯人を特定する事にしました。
それには真面目なメモリーチェックが必要になります。
※BIOSレベルのメモリーチェックは通過してしまうのです

メモリーチェックの定番といえば Memtest86+ でしょう。 
現在でも新しい CPU やチップセットが出る度に更新されているので、 愛用者も多いと思います。
私はこの手のツールにはあまり手を出さない方なのですが、 今回はじっくりと使いました。
テスト方法としては、四枚のメモリーモジュールを一枚ずつ試していくという原始的方法です。
※スロット番号まで特定してくれると嬉しいですが、それはちょっと贅沢か?

一枚目 OK、二枚目OK、三枚目も大丈夫・・・あれ、全部パスしてしまうのか? と思いましたが

 Memtest86+

四枚目のメモリーモジュールが犯人だったみたいです。(画像はクリックで拡大)

メモリーモジュールは、スロットが多いほど不安定になるものです。
サーバー用ボードでは、メモリースロットが10を越えるモデルもありますが、
それらは高価なレジスタードメモリやECCが必須になっています。

高安定型のメモリーは、価格的に不利なために、あまり普及していませんが、
こちらの方面にも低価格の波が来て欲しいところです。

 

Tags:

Server

犯人はメモリー

by manamana 8. June 2009 14:17

先日からサーバーの不調を訴えていましたが、犯人はやはりメモリーでした。

開発用PCのメモリーと交換した後のサーバーは、何事も無かったかのように動いています。
しかし、開発用PCは二度ほどブルースクリーンとなりました。
ちなみにこんなエラーが記録されるようだと相当に危険です。

 ガジュマル

64bit OS も普及期に入ってきた感じで、標準メモリーが4GBを越えるのも時間の問題です。
そうなると、ソフト・エラー (e-word) と呼ばれる突発的なメモリーエラーが増えてくるはずです。
ECC メモリーが復権するかもしれません。
でも、今回のは発熱によるハード的な故障だと思いますけどね...

メモリーエラーは厄介なので新品メモリーを購入する羽目になりました。 

Tags:

Server


スポンサーリンク

Calendar

<<  November 2021  >>
SunMonTueWedThuFriSat
31123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
2829301234
567891011

View posts in large calendar

Month List

Twitter