Excelじゃん

Excelじゃんとは

自分の購入物を Excel で管理している人は多いと思いますが、商品データの入力は結構面倒です。
商品データのサムネイルがあれば、一目で見渡せて便利になりますが、毎回デジカメなんでやってられません。
そこで、商品コードから、商品名・ 会社名・画像の要素を取得するアドイン、Excelじゃん を作ってみました。

 

商品データの取得先としては、AWS (=Amazon Web Services) を利用しています。 
使い方は簡単で、セルに JAN や ISBN といった商品コードをキーワードとして入力し、[Amazon] ボタンを押すだけです。

JAN や ISBN は長い数字なので、そのまま入力すると数値として指数表示されてしまいます。

  

予め、セルの書式を文字列にしておくか、先頭に ' を加えて文字列として入力してください。 

  

コードを入力したセルを選択して [Amazon] ボタンを押すと、コードの右に、商品名、会社名、画像の順でデータが取得されます。

 
商品名部分は、Amazonへのリンクになっていて、そのまま注文することも可能です。
※私のアフィリエイトコードが入っているので、購入してもらえれば嬉しいです。

 

キーワードは、コードである必要はなく、一般の文字列でも構いません。
Amazon は多くの検索候補を挙げてくれますが、Excel じゃんは先頭の商品しか表示しません。でも、意外に遊べますw
試しに 「けいおん」 と入れてみましょう。

 

これは、Amazon の 「すべてのカテゴリー」 での検索結果の一番目のアイテムと一致します。
キーワードに関連するアイテムが表示されるようなので、人気とほぼ一致するといって良いと思います。
どうやら、けいおんではあずにゃんが人気みたいですね。

 

Excelじゃんを使えば、購入物データの作成が非常に楽になります。
現状は非常に割り切った仕様にしていますが、リクエストがあれば、他の Web サービスに利用したいと考えています。


追加: (2010/08/01) 

食品関係は楽天が強いイメージがあるので、[楽天]ボタンを追加してみました。 使い方は同じです。

 

楽天の場合、商品のメーカー名ではなく、出品している店舗名の表示されます。 

 

動作環境:

Excleじゃんは、 VSTO3.0 を利用しているので Excel 2007/2010 が必要です。
また、AWS の呼び出しに、 Microsoft Web Services Enhancement 3.0 を利用しているので、予めインストールしておいてください。

 

インストール:

ファイルを解凍し、setup.exe を実行します。 

ExcelJan_0_5_1_0.zip (354.88 kb)  (2010/08/01) 


スポンサーリンク

Calendar

<<  9月 2017  >>
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

View posts in large calendar

Month List

Twitter