Excel のListObject とグラフ (1)

by manamana 22. September 2010 18:15
 Excelでは表とグラフを多用すると思います。
グラフを作る場合、表を作ってからグラフデータをを設定して連動させるわけですが、
表の大きさ随時変わる場合、グラフデータを再設定するのは正直面倒です。

対応策として「大きめの表を用意し、不要な箇所を非表示にする」作戦が考えられます。

例えば次のような表があったとします。
 
 

2000~2007年のデータはありますが、それ以降のデータは空白です。
この表を素直に折れ線グラフにするとこんな感じになります。
 
  

当然ですが2008~2011年の部分はグラフに反映されず、間延びしています。
そこで、この部分のデータを「非表示」化してみると・・・

 
 
グラフも表に連動して、2007年までの範囲に収まるようになります
 
 

この機能を知った時、それまでの再設定の手順が大幅に削減できたので、感動したものです(笑
※私は Excel 2003 を使って知りました。

この連動機能ですが、Excel 2003 迄なら ツール - オプション - グラフ の □可視セルのみプロットする
 
  

Excel 2007 以降なら、データの選択… - 非表示および空白のセル の □非表示の行と列のデータを表示する
ON/OFF が可能です。
 
  
 
 

この「非表示」作戦で大抵の場合OKですが、もっと楽に表とグラフの連動が出来るのが ListObject の利用なのです。(続く)

Tags:

VSTO

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  September 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar

Month List

Twitter