Windows XP と WinRM は相性が悪い

by manamana 26. February 2013 03:00

Windows リモート管理(=WinRM)は、HTTP/HTTPSを使用してPCと通信する仕組みです。
PowerShell と密接に関わっていて…といいますか、Windows Management Framework の中に
PowerShell と WinRM が含まれていると説明した方が正しいかな?

Windows 管理フレームワークをインストールする (Technet)

PowerShell でセッションを張るには、予め相手PCが WinRT の通信を受けられる様に設定してやります。
そのためのコマンドが↓↓

> winrm quickconfig

大抵これで環境を整えてくれますが、ドメイン未参加の XP でハマりました。

 

winrm コマンドで状態を把握しようにも尽く「アクセスが拒否されました」状態です。
Vista以降なら、ドメイン未参加でも普通に通るコマンドなんですけどね…

  ←Vista

アクセス拒否なのだから、セキュリティポリシーが怪しいと考えて調べてみました。
結果、犯人は↓↓でした。

 


クラッシクにすることで無事に WinRM の環境が整い、New-PSSession が可能になりました。

Tags:

PowerShell | Server

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  September 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar

Month List

Twitter