Windows ファイアウォール

by manamana 22. October 2008 13:19

先日、試験運用していた Skype をアンインストールしました。※Win Server 2008 (x64)
本日何気に 「Windows ファイアウォール」 を見たら大変なことに!


何だこの大量の Skype は! しかも、削除できない!! プロパティを開いても設定が見えない!!! 

XP SP2 から導入された 「Windows ファイアウォール」 ですが、要最小限の機能を提供するものでした。
セキュリティ重視に舵を切った MS 的には落第点だったようで Vista 以降では大幅に機能強化されました。
それが 「セキュリティが強化された Windows ファイアウォール」 です・・・長い名前だ~

 
何故か「管理ツール」の下にあるのですが、本格的なファイアウォールに生まれ変わっています。
無印 「Windows ファイアウォール」と同じ情報を表示してみると違いは歴然です。

Skype の件は、受信の規則が変なことになっているのでしょう。

ここではちゃんと [削除] が機能する様です。しかし、何故こんなにエントリーがあるのだろう?
Win Server 2008 のサポートは明記されていないので仕方のない所です。
とりあえず削除を行ってみました。

 
きれいな姿に戻りました(笑

Vista 以降では、プライベート、パブリック、ドメインという三種のプロファイルでネットのセキュリティを管理しています。
ファイアウォールもそれに従い拡張されたと理解しています。
無印の「Windows ファイアウォール」を残しておくのも良いのですが、あまり役にたちません。
無印版に拡張版へのショートカットがあれば良いと思いました。

Tags:

Server

Web サイト管理ツール

by manamana 21. October 2008 18:45

VS2005~では、ASP.NET の開発で 「ASP.NET構成」というメニューがあります。
これを選ぶと 「Web サイト管理ツール」というページが開き、
アプリケーションの設定が簡単にできるという仕組みです。

ログインの管理、アクセス権の設定といった定型処理も引き受けてくれます。
ログインに関しては専用のWebコントロールも整備されていて、
コードレスで殆どの機能を実現できる・・・ハズ

マニュアルによると上のように素晴らしいものなのですが、使い方を誤るとまったく機能しません。
VS と SQL Server のインストール順によっても反応が違ってきます。 
VS は、SQL Server Express 前提の設定が多いので時々苦労します。
Web.config ファイルの謎設定にも泣かされます。 

ちょっと前に、簡単な Web サイトを構築したのですが、
ログインの管理がよくわからず、自分でユーザー管理をしてしまいました。
以前に作ったユーザー管理のコードがあったから良かったものの、
「できるだけ ASP.NET の部品を使う」 方針だったのですが、
ログイン部分に関してはダメダメでした。

ということで、本日はその辺の環境を再構築してみました。
MS のツールを使いこなすには SQL Server の知識が必須になっていますね。
もっともこっちの方が専門のなんですけどね。

Tags:

Development

CSSその後

by manamana 21. October 2008 12:44

OfficeLink のHPからも、table 要素を取り除いてみました。
※一部は残っています

予めCSS定義をしておけば良いわけですが、
判っていないと大変で、慣れてしまえばその方が楽という類の作業です。
Expression Web は、コードとデザインを同時に確認できるので便利です。
最近のツールはこんな感じなんでしょうね。

IEだけのプロパティとか、ブラウザのデフォルト値が微妙に違うとか
今まで知らずに適当にやっていましたが、調べるほどにカオスです。
これからは「Web標準」とかになるのでしょうが、
それに従ってツールも変化していくことでしょう。 

Tags:

Development

治療中

by manamana 20. October 2008 22:39

二ヶ月ほど前から歯の治療をしています。
以前神経を抜いた歯の根本がやられていて結構大変なことに・・・

今日は型が出来たのではめ込む予定だったのですが、微妙に合わない!
いろいろと調節をしてみても隙間が埋まらないらしいのです。
結局、型の取り直しとなりました。
今回は連休などで間が空いてしまい、歯の位置がずれたとからしいです。
歯の矯正治療とかが出来るわけだから、そんな事もあるのだろうと思いました。

それにしても歯は大切ですよね。
はやく物を噛みしめたいです(涙

Tags:

KB934238

by manamana 19. October 2008 22:02

先日の Windows Update は大漁でしたが、
ADC である Windows Server 2003 x64 の更新の一部がうまくいきませんでした。

KB934238 は、印刷コンポーネントおよびMicorsoft XPS ドキュメントライタへの修正で、
プリンタを繋げていない ADC にはあまり関係ないかも~と無視も考えましたが
やはり気になります。 

ADC には、.NET Framework 2.0 や 3.0 をインストールしていなかったのですが、
KB934238 には .NET Framework 3.0 が必要とのこと・・・
これは MS のミスなのでは? と思いつつ、Framework をインストールしたのでした。

.NET Framework は、Windows に必要不可欠になっていますが、
バージョンアップが早すぎで、今ひとつ安心感に欠けます。
開発者としては、OS のバージョンも気になりますが、
開発環境と密接に関わるのは Framework の方だったりするので、
この辺の安定度を上げてくれると助かるのでした。 

OfficeLink は VSTO3.0 を利用している関係上、.NET Framework 3.5 が必要です。
う~む 

Tags:

Server


スポンサーリンク

Calendar

<<  April 2021  >>
SunMonTueWedThuFriSat
28293031123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829301
2345678

View posts in large calendar

Month List

Twitter