ClickOnce の謎

by manamana 27. October 2008 19:25

OfficeLink は VS2008 SP1 を使っているので、
自動的に .NET Framework 3.5 SP1 と VSTO3 SP1 を使う事になります。 

VS2008 からは VSTO に対しても ClickOnce が有効となり簡単にインストーラが出来る!はずなんですが、
vstor30sp1-KB949258-LP-x86-JPN.exe  というモジュールがインストール出来ない症状が出ていました。
しばらく放置していたのですが、やっぱりちゃんとやらないと・・・で調べてみました。

ClickOnce の発行ウィザードで選ぶ事ができる 「必須コンポーネント」 ですが私の環境では以下のパスに存在します。
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v6.0A\Bootstrapper\Packages
この下のフォルダー毎に必須コンポーネントが対応しています。

今回の vstor30sp1-KB949258-LP-x86-JPN.exe は、さらにその下のフォルダー
VSTOR30\ja の下に存在します。
ClickOnce の配置マニュフェストは package.xml で、これを見ながらインストールが行われます。
しかし、どうもこれが怪しいのです。

最後の方の記述に、
<String Name="VSTOR30LangPackSP1">http://go.microsoft.com/fwlink/?
LinkId=120188&amp;clcid=0x411</String>
という部分があります。他の URL の先にはそれぞれのパッケージが存在しますが、ここだけはエラーとなります。
つまり、vstor30sp1-KB949258-LP-x86-JPN.exe をダウンロードしようとしてもエラーが出ているのです。

試しに、ダウンロードセンターから割り出した URL である、
http://download.microsoft.com/download/5/6/c/56cc2ccb-e01e-4043-acb6-fab2d642d3c3/vstor30sp1-KB949258-LP-x86-JPN.exe
と置き換えたところ、見事に?インストールが完了しました。

この package.xml は VS2008 SP1 に付属するものですが、今のところこれが悪さをしていると判断しています。
http://go.microsoft.com/fwlink の仕組みが判らない限り下手に手を入れることもできません。
やはり Microsoft さんに聞かなければ~ 

Tags:

OfficeLink | VSTO

Pingbacks and trackbacks (1)+

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  September 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar

Month List

Twitter