SharePoint 2010 と PowerGUI

by manamana 13. March 2013 12:30

PowerGUI は PowerShell スクリプトの開発にとても役に立つツールです。
しかし SharePoint 2010 がインストールされた環境にうっかり .Net Framework 4 を入れてしまうと悲しい思いをします。

これは先日の Excel PowerShell Tool の件と同様で、Runspace を作る際の CLR が4.0.xx になるからです。
しかし、exe の場合は app.config の編集でこの問題を回避出来ます。

PowerGUI の場合、C:\Program Files (x86)\PowerGUI\ScriptEditor.exe.config を編集します。

先頭の方にある上の行が邪魔をしています。
本当はこれは 「わざわざ CLR V4 を利用する」 指定なんですが、SharePoint 2010 の場合はこれが災いを招きます。

すっきりしまた… これで SharePoint のコマンドレットも動いてくれます。
PS Tool の場合もこれで回避できると思ったのですが、VSTO 自体が Framework 4 必須なのでうまくいきませんでした...orz

SharePoint は機能は豊富ですが、今ひとつ使いにくいのは GUI が遅くメニューが深いからでしょうか?
せめて HTML を直接編集出来れば…と思い、コツコツ作っているのが ↓ です。

これは "チームサイト" の HTML を抽出したものです。

SharePoint では Webパーツの組み合わせで素早くページを作れますが、HTMLで編集するにはこれが邪魔になります。
<div class="ms-xxxxxxx"> なんかで挿入される Web パーツはページのHTMLからは把握出来ません。
といっても、 Webパーツで HTML 記述するのはコンテンツエディター位なので、それに限定すればHTMLの抽出は可能です。
あとはそれを Excel に落としてやれば好きに出来ますねww 

Tags:

Development | PowerShell

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  September 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar

Month List

Twitter