autorun.inf ウィルス

by manamana 1. February 2009 19:51

古の NT4.0 用ドライバーを捜してネット内をウロウロしていたら
変なファイルを引っ張ってきてしまいました。

自動解凍式のドライバーというのは危険な香りがします。
グラフィックス関係のドライバーは専用インストーラになるのも仕方ないですが、
メーカーサイトから直接ダウンロードすればまず間違いありません。
しかし、第三者のドライバー置き場にあるファイルには注意が必要です。

普段は仮想マシンにて動作を確認していますが、
今日は注意力が足らず、気づいたときには実験用PCに autorun.inf が出来ていました。
ここ最近の USB メモリー感染型で有名なウィルスです。

C: や D: をダブルクリックしても開かない症状が出たときは要注意です。
各ドライブの root に autorun.inf ファイルが出来ていたらかなり危険です。
autorun.inf ウィルスは簡単な仕組みであり、様々な種類が確認されています。
「USBメモリー経由のウイルス」が猛威、トレンドマイクロが注意喚起 
今では USB メモリーは必需品なので気をつけなければ・・・ 

Tags:

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  September 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
25262728293031
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293012345

View posts in large calendar

Month List

Twitter