東芝のNANDフラッシュ技術 P-BiCS

by manamana 17. June 2009 17:49

SSDメモリーを使ってみたいと思いつつ、HDDとの比較で見送っている人は多いと思います。
東芝のNANDフラッシュ技術がそれを可能にするかもしれません。

東芝、SSDの大幅なコスト削減を可能にするNANDフラッシュを試作   (PC Watch)

LSIのパターンを3D化するというアイディアは新しい物ではなく、以前から研究されています。
しかし、実際に作るとなると大きな壁があるようで、具体的な製品はなかなか出てきません。
ところが、今回のレポートを読んでいると、限りなく製品に近い試作品の様で、やたら数値が具体的です。

東芝は、Blu-ray には参入せずに、フラッシュメモリーに注力するという話がありました。
「そんなに意地を張らないで、Blu-ray に参入すればいいのに」 と思ったものですが、東芝は本気でした。
コストの面でも HDD を超えるようになれば、SSDは一気に主流になるでしょう。

このNANDフラッシュのメモリセル製造には 「P-BiCS(ピービックス)」という呼称が付いています。 
これは覚えておかなければ。
 

Tags:

その他の IT 系

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  May 2020  >>
SunMonTueWedThuFriSat
262728293012
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31123456

View posts in large calendar

Month List

Twitter