MS Word 2010 β 新旧メニューの同居について

by manamana 24. December 2009 22:05

数回にわたり、MS Word 2010 β の新旧メニューを紹介してみましたが、
友達から 「新旧のメニューが同居しているって、具体的にどうなるの?」 と聞かれました。
ということで、順を追って新旧メニューを同居させる例を示します。

まずは、Word 2010 を起動して、直ちに旧形式で保存します。(※文書1.doc

 新旧メニューの同居
  新旧メニューの同居

 

 ここに、(旧)ワードアートを挿入してみます。

 新旧メニューの同居  新旧メニューの同居


もう一度、Word 2010 を起動して、新規文書を作成します。(※文書2.docx)

 新旧メニューの同居

ここでも、(新)ワードアートを入れてみます。(※ワードアートは描画ツールに統合されています) 

 新旧メニューの同居  新旧メニューの同居


文書1.doc と 文書2.docx を開いた状態で、文書1.doc のワードアートを文書2.docx にコピペします

 新旧メニューの同居

文書2.docx  は、新形式のファイルにもかかわらず、旧形式のオブジェクトを選択した時は旧メニューに切り替わります。

 新旧メニューの同居  新旧メニューの同居

Excel/PowerPoint では、旧形式のオブジェクトをコピペしても、自動的に新形式のオブジェクトに変換されます。
その結果、旧メニューは不要となり、違和感なく編集することができます。

Word は、何故か旧メニューを残したままであり、必要に応じて新旧のメニューを切り替える仕様になっています。
判って使えば問題ないですが、どうしてこうなったのか謎です・・・

本来であれば、Word 2007 の時点でワードアート等を描画ツールに統合するのが筋だったと考えます。
それを Word 2010 になってからやろうとするので、docx の互換性がとれない問題が出ているわけです。
※Excel/PowerPoint 2010 でも Excel/PowerPoint 2007 では編集不能な要素が出ています。

取引先の相手が Office 2007 の場合、新要素を使わないように編集を心がける必要が出てきます。
この辺を見ていると、Office 2007 は未完成品だったのだな~と思わずにいられないのですが、
Ofiice 2007 ユーザーには救済措置があるのでしょうか?

 

Tags:

その他の IT 系

Add comment


スポンサーリンク

Calendar

<<  November 2019  >>
SunMonTueWedThuFriSat
272829303112
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
1234567

View posts in large calendar

Month List

Twitter